深刻な職場の誹謗中傷!どうやって対策すれば良いの?

周囲に相談しましょう

職場で上司と不倫しているとか、風俗で働いているとかありもしない誹謗中傷をされて困っている人もいるかもしれません。そんな時はまず周囲に相談しましょう。周囲に相談することで、噂が根も葉もないものだと知れて誹謗中傷が沈静化することもあるでしょう。相談するためには職場の人たちと日頃から信頼関係を築いておくことが欠かせません。誹謗中傷対策はまず、周囲としっかりコミュニケーションを取ることから始まるのかもしれませんね。

相談できない場合にすること

職場によっては周囲と信頼関係を築きにくい場合もあるでしょう。職場内に相談できるセクションがあるときはそこに相談しましょう。勇気がいりますが、黙っていても解決しません。まず行動を起こすことが大切です。誹謗中傷をしている人がわかっている場合は直接話し合いをしてみるのも良いかもしれませんね。話し合うときは感情的にならずに冷静に事実を指摘しましょう。なお、話し合いの際は後日言った言わないで争いにならないように必ず第三者に同席してもらいましょう。

自分ではどうにもならない場合

自分では誹謗中傷をどうすることもできない場合は弁護士に相談するという選択肢もあります。会社は労働契約に基づいて労働者に良好な労働環境を提供する義務があります。誹謗中傷を放置しているような会社はこの義務を果たしているとは言えません。会社と話し合いをしてもらちが明かない場合は、誹謗中傷している人と会社に対して損害賠償請求訴訟を提起することになります。コストも労力もかかりますが泣き寝入りをするよりはマシですよね。

インターネット上で、不特定多数に見られる状況での誹謗中傷は名誉毀損罪にあたります。 誹謗中傷対策で掲示板やSNSの場合、サイトの運営者に削除を求めることができます。

Comments are closed.