ネットワーク監視機能は善なのか、悪なのか?

ネットワーク社会の進展

ネットワークの監視というのは、ネットワーク社会におけるセキュリティ上の問題が頻発している今日において、避けては通れないことなのかもしれません。しかし、全ての活動が監視されているのではないかと疑わなければならない社会というものは、非常に住みにくい世の中になってしまうのではないかという危惧もあります。それがどんな社会になるのかということは、映画としても表現されています。例えば、シャロン・ストーン主演の「硝子の塔」という映画があります。

「硝子の塔」とネットワーク社会

この映画は、若くしてタワー・マンションのオウナーとなっている人物のもとに、シャロン・ストーン演じる主人公が引っ越してくるところから始まります。映画の内容は、性的魅力のある若い女性の殺人事件がこのタワー・マンションで次々と起こるという筋になっていて、シャロン・ストーン主演作品らしいエロティック・サスペンスですが、この若いタワー・マンションのオウナーが、管理室から全ての部屋を覗き見できるようになっているという設定です。

ネットワーク社会における神様と悪魔

つまり、ネットワーク社会においては、このようなことは昔は神様にしかできないと思っていたことが、簡単にできるようになってしまっているということです。もちろん、このようなネットワーク社会では、この映画にも出てくるように、覗き見た不正を正してあげる神様のような行為をすることもできます。しかし、これまたこの映画にも出てくるように、覗き見た事実を利用して悪事を企むことも簡単に出来てしまう訳なのです。残念ながら、最近のニュースをみていますと、後者のケースが多いようです。

フロー監視とは総合的に物事を管理することができる、ビジネスの手法になります。スムーズにビジネスを進行することができるというメリットがあります。

Comments are closed.