ネットの普及とともに上昇?!風評被害対策について

ネットの普及による弊害

風評被害は、インターネット上のせいで広大化するのが早く、またその総数も、昔と対比させると拡がっています。これは情報が送信しやすい時世であること、さらに配信サイドの匿名性が秀でていることが強力に影響を与えています。簡単に説明しますと掲示板などにおいてはどんな人でも書き込み出来るのみならず、その書いた利用者を断定することが大変です。あらためていうまでもなく情報の技術があれば確認できるケースもあります。

被害を受けた場合について

インターネットを介しての誹謗中傷は、まず、その情報そのものの検証と保管が、必要と言えます。仮に、誹謗中傷を見つけ出したら、その情報そのものを認識し、そして保存した方が、良いでしょう。保存方法は、コピー&ペーストで済むのですが、写真でフィルムに、焼き付けるということも実用的です。そこから、ウェブサイトの管理している人、あるいは運営している人へ、ダイレクトにコンタクトを取って処理していただきましょう。

個人でも問題が生じます

誹謗中傷は会社組織、団体に加えて個人でも可能性が考えられる時代で、お子さん同士でも対策法が求められることはあります。状況によっては、感じられた負担次第では行政機関へ相談した方が望ましいかもしれません。実際のところそういうふうな実例もあるほどで、Eメールでの挑発などが誹謗中傷と考えられるケースもあります。掲示板、あるいはSNS、そしてEメールなどは匿名性がハイレベルな代わりに誹謗中傷が残存することから証拠として利用する事も可能です。

インターネット上での誹謗中傷対策としては、まずそのサイトの管理者に内容を削除してもらいます。管理者がいない場合、サイトのルールを確認し、運営元に連絡するのも一つの方法です。

Comments are closed.