ビットコインの基本的な性質について!今後の展開

国際的な決済通貨として

国際的な決済通貨を目指しているのがビットコインです。これがあるからこそ、多くの人が求めているわけです。ビットコインは仮想通貨ですから、現物としては何もないです。しかし、コンピュータのデータとしてそれは存在しています。やや特殊な考え方ではありますが、それによって、安定した通貨が生まれる可能性があります。日本も資産的な価値があるとして、金融扱いをすることが決まったわけですから、途轍もなく大きな影響が世界的に起きます。

投機的な側面を気にしないこと

ビットコインが一躍有名になったのが、投機的な側面です。数千円で購入したものが、価値が高騰して数千万円になった、というのがセンセーショナルに報道されたからです。しかし、そうではないです。あくまでポイントとなるのは、通貨としての価値です。仮想通貨といっても、それは貨幣としての機能を持たせたいと考えて作られた、そうした設計思想があったわけです。それが最終的な目的になります。上手く理解して、活用するべきです。

ビットコインがお金になる日

ビットコインがキチンとお金になる日がくる可能性があります。少なくとも金融である、というのが日本でも認められるようになりましたから、これから更に強固に現金扱いになる可能性があります。少なくとも国際間での通貨として使える可能性は出てきています。つまりは、国際的な決済通貨として人気がでる可能性があるわけです。これがとても重要であり、上手くすれば、様々なコストを下げることができるようになる通貨になるわけです。

ビットコインとはインターネット上で使える仮想通貨・お金の一種です。その国独自の通貨と違い、世界中どこでも使うことができます。

Comments are closed.