24時間働き続ける!ネットワーク監視とは?

ネットワーク監視とは

ネットワーク監視は24時間働き続けます。とはいっても、人が働いているわけではなく、監視システムが自動的に見守ってくれているのです。システムに何らかの負荷がかかり、応答時間が急激に遅くなったり、サーバやネットワーク機器に問題が発生したときにすぐに発見してくれるシステムなのです。例えばショッピングサイトや会社のホームページのサイトが長時間ダウンしたままになっていたら、閲覧しているユーザーは不安になってしまいます。そのような問題になったらすぐに対応しなければならないですよね。

ネットワーク監視システムができること

ネットワーク監視システムは、ネットワークの不具合を発見すると、ネットワーク管理者やシステム管理者にメールなどで知らせています。その知らせを受けて、管理者はすぐに原因を調べることができますので、迅速な対応が可能になりますよ。もし、人が24時間体制で交代で監視しているような状態であれば、深夜勤務やシフトなどで管理者の労務管理も煩雑になってしまいますよね。そのような必要がなくなりますので、メリットはありますね。

他にも様々なメリットがあります

ネットワーク監視システムを導入することによって、さらにシステム管理者やネットワーク管理者の負荷を軽減することが可能になります。勤務時間だけでなく、他にもメリットがあります。例えば大きな会社になると複数のネットワーク機器に異なったハードウエアやアプリケーションプログラムが導入されていて、複雑化していることがあり、管理者が十分に対応しきれないことがあります。そのため、一旦障害が起きてしまうと復旧までに膨大な時間がかかってしまうことになります。監視システムはネットワークの性能が低下した時点で問題を発見してくれるので、大規模な障害が起こる前に対策をとることができます。

ネットワーク監視に力を注いでいる企業は、年々増えてきており、いざという時の為にセキュリティ対策をぬかりなく行うことが大事です。

Comments are closed.