ホームページをUPさせるプログラム言語!中級者向けの内容とは?

ホームページを装飾させるCSSとは

私達が普段から見ているホームページの多くは、HTML言語と呼ばれるプログラム言語で表示させているのは有名ですよね。数ページであれば、更新作業が簡単にできますが、これが100ページ以上になれば、画像の入れ替えなどの更新作業が数時間以上かかってしまう可能性もあります。外部ファイルとして、共通するその場所にはこの画像を利用すると命令文を作成すれば、そのファイルに書いている文章を変えるだけで、全てのページの画像の入れ替えが可能になりますよね。その外部ファイルがCSSファイルと呼ばれているファイルになりますよ。CSSファイルには、画像のみならず、文字に装飾を行なったり、ホームページのコンテツを収める枠の調整を細かく指定する事が可能です。

ホームページに変化を与えるJavaScriptとは

ホームページに対して、動きのあるアクションなどを利用する場合は、FLASHやサーバー側にデータを送って処理を行ない、サーバーが作成したHTMLページを表示させる方法などがあります。ただし、FLASHはスマホなどの端末では利用できない事がほとんどである事と、サーバーに処理をさせるには、サーバーに負荷を与える事になりますよね。ユーザーが持つ端末のCPUを利用して、何かしらのアクションを起こさせるプログラム言語の一つが、JavaScriptと呼ばれるプログラム言語になりますよ。JavaScriptを利用すれば、ボタンを押しただけで画像を入れ替えたり、何かしらの計算結果を表示させたりする事も可能です。

様々な表現が可能なjQueryとは

ホームページの中には、魅力的な表現で画像を入れ替えるスライドショーや、スクロールを行うだけで画像に変化を与える表現方法がありますよね。これらの多くは、jQueryと呼ばれる、JavaScriptと呼ばれるプログラム言語を組み立てたライブラリを利用しています。ライブラリとは、よく分からない人もいますよね。例えば、車を作る場合は、素材から作成していたのであれば時間がかかってしまいますが、エンジンやハンドル、シートなどが予めあれば、組み立てるのは簡単に行なえます。プログラム言語は、一度作成をすればコピーが出来るため、この様な内容を予め組み立てた物がライブラリと呼ばれている物であり、辞書の中に多くのパーツが記載されている様な物とも言えますよ。スライドショーなどは難しそうに思われますが、初心者でも簡単にjQueryを利用したスライドショーを、無料で配布しているホームページもあります。

自社を幅広くアピールする方法としてホームページ制作があります。扱う製品や業種に合ったターゲットに見てもらえるよう、企画・制作やコンサルティングを行ってくれる専門業者に依頼するのもひとつの方法です。

Comments are closed.