ネット誹謗中傷に対する対応の順序とは!上手く行けば慰謝料が請求できるかも?

個人で削除依頼を行う

ネットで誹謗中傷する媒体の多くは、個人が特定できない媒体を利用して行われている事がよくありますよね。個人が特定できない事で、理性が弱まり、その中で発さられる事がほとんどですよ。個人が特定できない媒体とは、掲示板サービスやブログサービス、無料で提供されているホームページスペースなどが挙げられますよね。その様なサービスを提供している企業の多くは、企業の連絡先が記載されています。その連絡先を調べ、削除依頼を行う事が可能ですよね。ただし、ここでは、訴えると言う言葉は避け、ただ行動を見せる事がポイントです。

専門の業者に依頼をする

ネットの誹謗中傷とは、もしかすれば拡散して広がっている可能性がありますよね。自分自身で確認できる意外の媒体で広がっている可能性がありますよ。これらを自分自身で探すのも手間と時間がかかる物であり、見つけ出したとしてもそれが全てでは無いと不安を背負って生活を送る事になります。この様な場合は、ネットの誹謗中傷について詳しい専門家に相談する事が大切ですよ。専門家は、誹謗中傷を行われてそうな媒体を知り尽くしている物であり、中には、誹謗中傷を発見するためのシステムを作り、そのシステムにかけて調べくれる業者もありますよ。この様な業者に依頼をすれば不安を和らげる事ができますよね。

最終的には弁護士に相談をする

ネットによる誹謗中傷対策を行う内容と言うのは、本来は行わくても良い内容であり、時間や費用を投じて来たと言う損害や不安を抱かせる慰謝料を請求したい所ですよね。元は、誰が記載をし始めたかは分かりませんが、1人でも見つければ弁護士と相談をして損害賠償について請求する事を伝える事が大切ですよ。日本の法律では、弁護士費用に対する費用は、損害賠償として請求はできませんが、慰謝料などの別の損害賠償から弁護士費用をカバー出来る可能性がありますよね。一度、誹謗中傷を受ければ、生涯にわたって背負って行く事にもなり、必ず満足の行く結果を求める事が重要ですよ。

逆SEOはネガティブな情報を検索サイトなどから除外することで、風評被害などを最小に抑えることが出来ます。

Comments are closed.